FC2ブログ

巨樹と滝の風

今までに見た巨樹と滝の記録です。

熊野神社のイチョウ

熊野神社のイチョウ


(2017/09撮影)

東神奈川駅から歩いてしばらくの所にある熊野神社にあるイチョウ。
いかにも焼けた跡がありますが、二度の大火にあったが生き残ったイチョウの木です。

樹齢は370年という古木で、樹高は20m、幹周りは4mだそうです。

さすがに痛々しさが分かりますが、それでもまだまだしっかり伸び続けている所がすごい木です。
火防のイチョウと言われているそうですが、いつまでも頑張って欲しいものですね。

スポンサーサイト
  1. 2019/06/14(金) 22:03:02|
  2. 神奈川の巨樹
  3. | コメント:0

赤滝

赤滝

(2017/08撮影)

軽井沢町、信濃追分駅から歩いて石尊山近くにある滝。
鉄分が多い沢のため、完全に赤茶けた水になっていて、訪れたような天気の悪い日はちょっと不気味な感じもしました。
近くには洞穴のようなものもあり、そこには石仏や卒塔婆のようなものも置かれていました。

さらに奥には源泉もあり、鉄分のせいで不思議な匂いも漂っていました。

あまり大きくはありませんが、まずまずの滝でした。


  1. 2019/05/19(日) 19:21:41|
  2. 長野の滝
  3. | コメント:0

滝本の大スギ

滝本の大スギ

(2017/08撮影)

御岳山の参道にあるスギの中でも最大のものらしいです。
青梅市指定の天然記念物で、安楽寺と塩船観音寺に次ぐものだそうです。
幹の太さは570センチだそうで、十分に巨樹ですね。

御岳山に訪れた際には、ケーブルカー駅からわずかの所にあるので、ぜひ立ち寄ってみて下さい。

  1. 2019/04/23(火) 20:10:01|
  2. 奥多摩の巨樹
  3. | コメント:0

夫婦杉

夫婦杉

(2017/08撮影)

これもまた、武蔵御岳神社にある木。
ふくよかなコブがある方が女杉、もう一方が男杉だそうです。
二本が繋がり合って睦まじく立っていることから夫婦杉と呼ばれているそうな。
手をつなぎながら間を通ると一層円満になり、男性は女杉を、女性は男杉を触りながら通ると良縁に恵まれるそうです。
もちろん自分も間を通りました。

自分のように、真夏のレンゲショウマの鑑賞と一緒に見に行くのもいいですね。

  1. 2019/03/23(土) 06:55:40|
  2. 奥多摩の巨樹
  3. | コメント:0

二本檜

二本檜

(2017/08撮影)

これも武蔵御岳神社にある檜。
推定樹齢は350年、樹高は28m、目通りは2.8m/2.4mだそうです。
檜はスギなどに比べて成長が遅いと言われているので、なかなか大きな木には会えないので、
貴重な木で、大事にしたいですね。

  1. 2019/02/23(土) 09:14:21|
  2. 奥多摩の巨樹
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ribble(リブル)

Author:ribble(リブル)
このblogでは、今までに見た巨樹と滝の写真をアップしていきます。
最近は温暖化の進行やそれに伴う激烈な気象条件によって、巨樹も少なくなり、また滝も姿を変えつつあります。
自分が見たそんな自然の一面を記録として残そうと思います。
山と温泉の風ホームページ、山と温泉の風blogも合わせてどうぞ。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

奥多摩の巨樹 (16)
長野の巨樹 (1)
奥秩父の巨樹 (1)
静岡の巨樹 (9)
丹沢の巨樹 (5)
奥武蔵の巨樹 (5)
奥多摩の滝 (9)
湘南の巨樹 (3)
東京の巨樹 (4)
群馬の巨樹 (1)
奥秩父の滝 (1)
神奈川の巨樹 (4)
栃木の巨樹 (2)
山梨の巨樹 (8)
丹沢の滝 (4)
山梨の滝 (4)
つぶやき (0)
長野の滝 (2)
群馬の滝 (2)
福島の滝 (6)
千葉の巨樹 (6)
奥武蔵の滝 (6)
栃木の滝 (1)
東京の滝 (1)
神奈川の滝 (2)
茨城の巨樹 (5)
茨城の滝 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター