巨樹と滝の風

今までに見た巨樹と滝の記録です。

山神社のムクノキ群落

山神社のムクノキ

(2017/01撮影)

伊東市の山神社にあるムクノキの群落。
伊東市指定の天然記念物です。
そんなにすごいとは言えないけれど、まずまずの大きさ、数本まとまっているのが、良い感じです。
残念ながら訪れた日は天気が悪く、あまりいい写真が撮れませんでした。

他に大きな杉の木もあり、良い神社でした。

  1. 2017/05/13(土) 18:53:38|
  2. 静岡の巨樹
  3. | コメント:0

林泉寺のフジ

林泉寺のフジ

(2017/01撮影)

伊東市の林泉寺にあるフジの木。
巨樹というより古木です。
約300年前に信者が寄贈したもののようです。
目通りは1.55m、枝張りは36平方メートルのようです。
自分の地元でもフジの花がきれいになっていましたが、今頃きれいなのかもしれませんね。

別な角度で見たものはこちら。

(2017/01撮影)

  1. 2017/04/28(金) 20:16:07|
  2. 静岡の巨樹
  3. | コメント:0

武生神社の太郎杉

武生神社の太郎杉

(2017/01撮影)

常陸太田市の武生神社にある大杉。
武生神社は武生山にあります。

案内板によると推定樹齢約800年、高さ35メートル、周囲5メートル、というすごい巨木です。
周りを一周してみましたが、やはりすごい杉。
これだけの樹齢になると弱っているような木や中が枯れたようになっている木も多いですが、
この木は全くそんなことはなく、非常に元気な木であるのが頼もしい感じです。

縦にするとこんな感じ。

(2017/01撮影)

周りにも大きな木が多く、ご神木がたくさんあって、やはりすごい神社でした。

  1. 2017/03/28(火) 19:58:06|
  2. 茨城の巨樹
  3. | コメント:0

槐木のサイカチ

槐木のサイカチ

(2017/01撮影)

奥多摩駅からしばらく奥多摩むかし道を進んだ所にあります。
案内板によるとこのあたりは「氷川字槐木」だそうで、「槐木」は地名ですね。
樹高は15メートル、幹囲は3メートルということです。
昔は行き交う人達が羽黒坂、もしくは桧村から急坂を登ってそれぞれ休憩する場所だったようです。

そんなにすごい木ではないものの、やはり古木ですね。
むかし道のウォーキングのついでに見てみると良いと思います。

  1. 2017/03/05(日) 08:27:13|
  2. 奥多摩の巨樹
  3. | コメント:0

降神槇

降神槇

(2016/12撮影)

鴨川市の鏡忍寺にある巨木。
鴨川市の天然記念物になっています。
ネットで調べると胸高周囲は4.5m、樹高は14mだそうです。
現地の説明板には樹齢は千年以上とありました。

かなり人の手が入っていますが、なかなかの木でした。

  1. 2017/02/23(木) 19:53:58|
  2. 千葉の巨樹
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

ribble(リブル)

Author:ribble(リブル)
このblogでは、今までに見た巨樹と滝の写真をアップしていきます。
最近は温暖化の進行やそれに伴う激烈な気象条件によって、巨樹も少なくなり、また滝も姿を変えつつあります。
自分が見たそんな自然の一面を記録として残そうと思います。
山と温泉の風ホームページ、山と温泉の風blogも合わせてどうぞ。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

奥多摩の巨樹 (11)
長野の巨樹 (1)
奥秩父の巨樹 (1)
静岡の巨樹 (8)
丹沢の巨樹 (5)
奥武蔵の巨樹 (3)
奥多摩の滝 (6)
湘南の巨樹 (3)
東京の巨樹 (4)
群馬の巨樹 (1)
奥秩父の滝 (1)
神奈川の巨樹 (3)
栃木の巨樹 (2)
山梨の巨樹 (7)
丹沢の滝 (3)
山梨の滝 (1)
つぶやき (0)
長野の滝 (1)
群馬の滝 (2)
福島の滝 (6)
千葉の巨樹 (5)
奥武蔵の滝 (1)
栃木の滝 (1)
東京の滝 (1)
神奈川の滝 (2)
茨城の巨樹 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター